暗号 技術の理解と習得に役立つおすすめの技術書を紹介します。書籍を読んで効率的に技術を習得しましょう。技術書を点数で評価し、レビューもあります。参考書、解説書、関連書籍を紹介します。  

暗号の本、入門書、技術書、専門書の紹介,評価,安売り価格


入門書
暗号
できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本

新品価格 ¥ 1,944



発売元:インプレス  発売日:2017-12-18
  

暗号
ビットコインのすべてがわかる本

新品価格 ¥ 1,598

中古価格 ¥ 1,393 残り2個

発売元:ソーテック社  発売日:2017-11-23
  

暗号
現代暗号入門 いかにして秘密は守られるのか (ブルーバックス)

新品価格 ¥ 1,058

中古価格 ¥ 758 残り6個

発売元:講談社  発売日:2017-10-18
  

暗号
動かして学ぶセキュリティ入門講座 (Informatics&IDEA)

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 1,990

発売元:SBクリエイティブ  発売日:2017-05-24
  

暗号
暗号技術入門 第3版

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 2,501

発売元:SBクリエイティブ  発売日:2015-08-26
  

内容紹介 
世界で最も分かりやすい暗号技術の入門書 2008年の刊行以来、セキュリティ関連部門で長期間トップをキープしている『新版暗号技術入門』の改訂版です。
「対称暗号」「公開鍵暗号」「デジタル署名」「PKI」「PGP」「SSL/TLS」など、 暗号技術の基礎を、たくさんの図とやさしい文章で解説しています。
今回の《第3版》では、 これまでの基本的な暗号技術の解説に加えて、 大幅な加筆修正を行っています。
・現代の暗号技術に関するアップデート ・SHA-3のコンペティションとSHA-3(Keccak)の構造 ・POODLEなどのSSL/TLSへの攻撃 ・認証付き暗号の紹介 ・ビットコインと暗号技術の関係 ・楕円曲線暗号の紹介 セキュリティ関連技術者はもちろん、現代を生きるすべての人にとって必読の一冊です。

著者について 
結城浩 1963年生まれ。
プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。
最新作は『数学ガール』シリーズ。
J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。
2014年度日本数学会出版賞受賞。

暗号
ネットワーク仮想化 基礎からすっきりわかる入門書

新品価格 ¥ 2,700

中古価格 ¥ 1,157

発売元:リックテレコム  発売日:2013-06-15
  

情報が整理されていて読みやすいです 評価
ネットワークだけでなく、サーバ仮想化やデータセンター仮想化、クラウドなどが体系立てて整理されています。
もともとOpenFlowに関心があって購入しましたが、それ以外にもTRILLなど比較的最近の技術も説明されていてよかったです。
仮想化全体を知りたい方におすすめします。

内容紹介 
進化する技術を体系的に理解する! サーバだけでなく、ネットワークの世界でも仮想化が進んでいます。
本書は、SDN/OpenFlowをはじめとする各種仮想化技術や、信頼性対策、セキュリティ対策、クラウドなど、仮想ネットワークを体系的に理解したい方に必携の1冊です。
サーバ、ストレージ、デスクトップ、データセンターなどの仮想化についても丁寧に解説しています。
【主な内容】■仮想化とクラウド■サーバ仮想化(サーバ分割、サーバ統合、主な仮想化製品)■デスクトップ仮想化■ストレージ仮想化■ネットワーク仮想化(ネットワーク機器の仮想化、ネットワーク接続の仮想化、通信回線の仮想化)■仮想ネットワークの障害対策、セキュリティ対策など■仮想化によるサーバ統合■データセンターの仮想化■パブリッククラウドの利用■OpenFlow(OpenFlowが生み出された背景、OpenFlowの基本構造・導入方式、OpenFlowの基本動作、フローエントリーのフィールド、コントロールプレーンに関する留意点、標準化状況に関する留意点等■TRILL■FCoE

暗号
暗号理論入門 原書第3版

新品価格 ¥ 4,104

中古価格 ¥ 2,628 残り5個

発売元:丸善出版  発売日:2012-04-20
  

とても素晴らしいのですが・・・ 評価
基礎的な事項から説明されているということなのですが、この本を書いた著者の目的が「現代暗号技術を紹介すること」なので、かなり飛躍した難解な部分があるように感じています。
是非数学をある程度学んでから読むことをお勧めします。
気になったのは日本語として少々違和感を感じた部分があることです。
改訂されればこんな素晴らしい本はないと思うのですが・・・。

内容紹介 
本書は著者がドイツのダルムシュタット工科大学の情報学科・数学科の学生向けに行った講義に基づいて書き下ろした、暗号理論の入門書である。
整数の基礎的な性質から説きおこし、暗号理論に必要な代数学および数学的基礎をアルゴリズムを交えて詳細に記述しながら、暗号化方式を解説している。
ブロック暗号、ストリーム暗号、アフィン暗号、アフィン線形ブロック暗号などの古典的暗号とその安全性についてのほか、確率的手法、DESアルゴリズムとその安全性、AES暗号化アルゴリズム、種々の素数生成および素因数分解の手法、公開鍵暗号の方法、離散対数、ハッシュ関数、認証、鍵の分散共有、公開鍵基盤などについても紹介している。

内容(「BOOK」データベースより) 
本書は著者がドイツのダルムシュタット工科大学の情報学科・数学科の学生向けに行った講義に基づいて書き下ろした、暗号理論の入門書である。
整数の基礎的な性質から説きおこし、暗号理論に必要な代数学および数学的基礎をアルゴリズムを交えて詳細に記述しながら、暗号化方式を解説している。
ブロック暗号、ストリーム暗号、アフィン暗号、アフィン線形ブロック暗号などの古典的暗号とその安全性についてのほか、確率的手法、DESアルゴリズムとその安全性、AES暗号化アルゴリズム、種々の素数生成および素因数分解の手法、公開鍵暗号の方法、離散対数、ハッシュ関数、認証、鍵の分散共有、公開鍵基盤などについても紹介している。

暗号
生年月日の暗号 (PHP文庫)

新品価格 ¥ 596

中古価格 ¥ 1

発売元:PHP研究所  発売日:2009-02-03
  

すべての謎が解けた! 評価
自他ともに認める理系気質のせいか、 人の性格を分析する傾向にありました。
その方法は星座と血液型。

時にはどうしても納得できない事もあり、 これはイレギュラーだとあきらめていました。
しかし、 この本を読んですべての謎が解けました。
疑い深いこの私ですら、最初の数ページで納得。
その内容と誕生日の秘密に鳥肌が立ち、 一気に最後まで読みました。
占いではなく統計心理学という新しいサイエンス。
人とのコミュニケーションを円滑にする和の科学。
お勧めの1冊です。

この本が一番すごいです! 評価
佐奈さんは複数の本を出しています。
その中でもこの本が突出してわかりやすくて おススメです☆☆☆ 生年月日でその人の運命がわかるなんて・・・ 私も最初そう思っていました。
ところが、読み進めていくうちに当たり過ぎて いて怖くなってきました。
あくまでも統計学であることを知って納得 できました。
「こうなりやすい傾向にある」 と知っておいて対策を立てていく生き方は、 理に適っていると思った次第です。
それにしても・・・ ここまで科学されてしまう時代なのですね。
人間の力って、スゴイ!!!!!!!!!

暗号
新版暗号技術入門 秘密の国のアリス

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 590

発売元:ソフトバンククリエイティブ  発売日:2008-11-22
  

暗号セキュリティの概要を知るのにお勧めの一冊 評価
先日、署名認証のPHPプログラムを作成した際に、Web上に掲載されていたサンプルプログラムから、ハッシュ関数などをそのまま利用して何とか完成にこぎつけました。
でも、なんとなく自分の中でひっかかるものがありました。
「今回の署名認証にしても、メールやホームページのセキュリティ技術にしても、名称だけ知っていて中身を全く理解していない」と思うようになりました。
そして、コンピュータの暗号化技術についての本を買ってみることにしました。
候補はいくつかあったのですが、以前Perlを学習する際にお世話になった本の著者、結城浩氏の本書を購入してみました。

暗号
姓名の暗号 (幻冬舎文庫)

新品価格 ¥ 48,165

中古価格 ¥ 1

発売元:幻冬舎  発売日:2008-09-01
  

暗号
生年月日の暗号―統計心理学でわかる6つの性格

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 45

発売元:PHP研究所  発売日:2007-05
  

人はそれぞれ違うということ 評価
本書は、誕生日によって人のタイプが分けられるというバースデイサイエンスを扱っています。
誕生日で人のタイプを分けるというと占いがすぐに思い浮かびますが、バースデイサイエンスは統計心理学を元にしており、実際に行われた長年の研究を元にしています。
あくまで先天的な性格を判断するものなため、後天的な性格は反映していません。
しかし、先天的な性格を活かすことで、最も自分にあった成功のスタイルを築きやすくなるのは確かなことだと思います。
また、最も使えるのはコミュニケーションの分野です。
性格は人それぞれ異なるため、自分本位のコミュニケーションの手法では上手く行かないことがあります。

面白いです!! 評価
バースデーサイエンスを知り合いの方からやってもらい、本当に驚きました。
生まれた日によってこんなにも性格が違うなんて。

タイプによるほめ方や怒り方で相手の気持ちも全然違うことを学びました。
とっても面白い本でした。

暗号
マンガでわかる暗号

新品価格 ¥ 2,052

中古価格 ¥ 278

発売元:オーム社  発売日:2007-04-01
  

表紙のイメージとは違う。 評価
表紙を見ると、いわゆる萌え系解説本のように見えるのですが、イラストは少なめです。
そちら方面での期待はしない方がいいでしょう。
一方で、暗号の入門書としては意外に悪くないです。
秘密鍵暗号、公開鍵暗号のどちらについても基礎的ではありますがわかりやすい説明になっています。
理系大学生の教養レベルの知識は充分つくと思います。
それ以上の専門知識については別の本の方が向いています。

暗号
Excelで学ぶ暗号技術入門

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 916

発売元:オーム社  発売日:2006-06-24
  

ExcelVBAの記述も秀逸 評価
暗号理論の記述は分かりやすいが,ExcelVBAの基礎に関する記述(付録的扱いだが)がとても分かりやすい。
まずはここから読むと,さらに理解がスムーズにいくと思う。
少し残念なのは,エンコード/デコードするのが和文の平文ではなく,0と1の羅列からなるアスキーコードだということ。

高校生ぐらいでも読める 評価
入門書として使える本だと思います。
Excelという誰でも入手可能なアプリによる演習というスタイルも教育現場を知っているなというかんじ。
付録の暗号関連の英単語リストも教育的観点からみて好ましいですね。

暗号
図解入門よくわかる最新暗号技術の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)



中古価格 ¥ 198

発売元:秀和システム  発売日:2005-04-11
  

初心者に分かりやすい 評価
この本は、単なる暗号の読み物というよりは、暗号と復号のアルゴリズムのようなものを具体例(ビット列)を用いて記述してくれている。
そのため、数字の羅列を見ても、あまり気にしないIT業界の人々であれば、比較的楽に理解できると考えられる。
但し、一部もやもやしたところ(例えば、暗号の持つ限界性など)には触れていないので、そのあたりは、Webなども参照してください。

暗号
暗号がわかる本 (なるほどナットク!)

新品価格 ¥ 1,296

中古価格 ¥ 1

発売元:オーム社  発売日:2004-09-01
  

暗号
暗号理論 (〈1冊でわかる〉シリーズ)

新品価格 ¥ 12,291

中古価格 ¥ 175

発売元:岩波書店  発売日:2004-03-23
  

情報処理技術の必須 評価
 暗号と言うと軍事、スパイなどと連想してしまうかもしれません。
しかし、今日では多くの人がインターネットや銀行 のATMでパスワードなど暗号を使っています。
暗号はれっきとした数学のひとつです。
鍵(Key)とはなにかという 入門からわかりやすく書かれた暗号理論書です。
情報処理を学ぶ方にお勧めします。

暗号理論... 評価
大学院で暗号理論を勉強しているものですが、本書はイギリスの大学での講義を日本語訳したもので、内容的にはわかりやすいものとなっています。
本格的に暗号理論を勉強したいなら物足りないかもしれません。
しかし、数学の知識もさほど必要としない本書は、(もちろん一般的な数学的知識はもちろん必要ですが)普通に暗号について興味がある人にも、これから本格的に勉強しようと思っている入門書用としてもオススメだと思います。

暗号
暗号の数学的基礎―数論とRSA暗号入門



中古価格 ¥ 969 残り5個

発売元:シュプリンガー・フェアラーク東京  発売日:2001-12
  

暗号は数学者の独占領域だと思っていました。 評価
暗号は、数学者の方々の独占的な領域だと思っていました。
数学的な理論と、アルゴリズムとの関係が、どう関係があるのかが、数学出身でないプログラマにとって腑に落ちるだろうか。
暗号の理論を、実装としてどういう選択肢がありえるのか、どういう実装なら数学的に等価なのか、知りたいことは山のようにあるが、 どこから理解すればいいか、自分で説明できる状態になっていないので、これ以上かけないでいます。
もう少し、具体的な事項について理解したら、また書き直します。

暗号のための数学入門 評価
SEであれば必ず目にするであろうRSA暗号を題材とした、暗号のための数学の入門書です。
SE向けの本の中にも暗号の原理が書いてあるものもありますが、それで納得できない人(何でそれで暗号化/復号化できるのか、何でそれで安全なのか、etc...)は、この本を読めばほとんどの疑問は解消されるでしょう。
整数論の基礎から始まって、様々な数学的話題に触れながら最後はRSAの解説で終わります。
各章末には(数学の)練習問題まで付いてます。
「証明してない数式などキモチ悪くて使えない」という理学系SEには最適です。
逆に基礎理論よりも実践的なものを求める人には全く役に立たない本でしょう。



専門書
暗号
暗号クラブ 11 暗号クラブ vs. スーパー★スパイ・クラブ

新品価格 ¥ 918

中古価格 ¥ 870 残り1個

発売元:KADOKAWA  発売日:2017-12-07
  

暗号
暗号技術のすべて

新品価格 ¥ 3,780

中古価格 ¥ 3,300 残り6個

発売元:翔泳社  発売日:2017-08-03
  

暗号
暗号大全 原理とその世界 (講談社学術文庫)

新品価格 ¥ 1,404

中古価格 ¥ 1,077 残り8個

発売元:講談社  発売日:2017-07-11
  

暗号
暗号の数学 ―シーザー暗号・公開鍵・量子暗号・・・―

新品価格 ¥ 3,455

中古価格 ¥ 1,870

発売元:青土社  発売日:2017-04-25
  

暗号
暗号学

新品価格 ¥ 1,944

中古価格 ¥ 1,687 残り7個

発売元:今人舎  発売日:2016-07-28
  

暗号
暗号クラブ1ガイコツ屋敷と秘密のカギ

新品価格 ¥ 918

中古価格 ¥ 592 残り6個

発売元:KADOKAWA/メディアファクトリー  発売日:2013-04-16
  

暗号
奇跡を呼ぶ100万回の祈り

新品価格 ¥ 10,364

中古価格 ¥ 627

発売元:ソフトバンククリエイティブ  発売日:2011-06-27
  

発売元のレビュー
祈りの力は素晴らしいもの。
潜在意識の深いところに気付かせてくれる本です。
1冊の本で人生が変わる。
人生を変えたいと思う方にぜひおすすめいたします。

暗号
ミッテラン・コード―パリに隠されたミッテラン大統領の秘密の暗号



中古価格 ¥ 1 残り6個

発売元:海鳥社  発売日:2008-05
  

暗号
世界史を変えた「暗号」の謎 (青春文庫)



中古価格 ¥ 1

発売元:青春出版社  発売日:2007-10
  

暗号
暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

新品価格 ¥ 680

中古価格 ¥ 12

発売元:新潮社  発売日:2007-06-28
  

暗号作成者と暗号解読者の戦い 評価
本書は,古代文字の解読から最新の量子暗号まで暗号にまつわる様々な話題について素人向けに読み物として書かれたもので,上巻では中世の暗号からエニグマ暗号機までの暗号作成者と暗号解読者の格闘の歴史をたどります.種々の暗号が作り出され,そしてそれらが解読されていきました.非常にエキサイティングな話に仕上がっており,ついつい読み進んでしまいます.これらの暗号を解読するには,文字の頻度分布や含まれるであろう定型句を手がかりに解読が進められるのですが,エニグマ機あたりになるとほとんど総当たりのようです.この時,ちょっと面白いなと思ったことは,エニグマ暗号機では5種類のスクランブラから3つを選び,それらの並び順を替えることによってスクランルの組合せを増やしているのですが,実際の運用ではどのスクランブラも2日続けて同じ位置には来ないよう配慮していたそうです.何となくその方が解読されにくいような気がします.しかし,このような人間的な配慮が実は組合せの数を減らし暗号解読者を利することになっていたとは何とも皮肉なことです.真のランダムというのはなかなか作り出すのが難しいものです.各種暗号の仕組みと解読の手順が素人にも分かりやすく書かれていますので,興味のある方は必読です.もちろん下巻「」もあわせてどうぞ.

暗号
未解決事件の謎と暗号―歴史の闇に消えた…



中古価格 ¥ 50 残り6個

発売元:青春出版社  発売日:2007-01
  

暗号
暗号事典

新品価格 ¥ 17,778

中古価格 ¥ 2,396

発売元:研究社  発売日:2006-12-15
  

暗号
ニセ札はなぜ見破られるのか?―国家の基盤を揺るがすニセ札の世界的鑑定家と歩んだ10年

新品価格 ¥ 10,667

中古価格 ¥ 200

発売元:不空社  発売日:2006-02-22
  

暗号
改訂新版 暗号の数理―作り方と解読の原理 (ブルーバックス)

新品価格 ¥ 972

中古価格 ¥ 248

発売元:講談社  発売日:2005-09-10
  

暗号の巧妙さを実感できる内容 評価
今まで読んできた暗号に関する本の中ではダントツにわかりやすかった。
内容は決して易しくはないと思う。
特に後半、現在インターネットなどの通信に利用されている、素数の素因数分解に基づいた数学理論の説明などが出てくるあたりは、じっくりとかみ締めながら読み進めないと暗号の素晴らしさが理解できないと思われる。

現代最強暗号の原理 評価
書名の「暗号の数理」を最小限のスペースで説明してくれいます。
前半では暗号の種類とその実例を、歴史的な話題を交えつつ語っており、後半では現在最強の暗号であるRSA暗号の原理、そして量子コンピューターについて語っています。
後半は原理の説明に数式が出てくるので、数学・数式が苦手な人には苦痛な感じかもしれません。

暗号とは何かを知る一冊 評価
その名の通り“暗号”に関する本である。
とはいっても、本書の主題である“暗号の数理”について、数式を用いて説明しているのは後半の5、6章ぐらいである。
その他1~4章は、「暗号に係わる話」や「暗号とは何か?」、「暗号にはどんな種類があるのか?」といったことを実際に暗号が使われた話などを例に説明している。

暗号
13の暗号



中古価格 ¥ 683 残り8個

発売元:ヴォイス  発売日:1999-02
  




暗号
ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

新品価格 ¥ 3,553



発売元:マイナビ出版  発売日:2018-02-01
  

暗号
ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

新品価格 ¥ 3,996

中古価格 ¥ 3,896 残り5個

発売元:講談社  発売日:2017-08-22
  

暗号
宇宙創造神はなぜ闇の勢力を作ったのか 聖書暗号(バイブルコード)と 3・11人工地震/仕組まれた原発事故 闇の勢力の未来プランまでを完全解析(超☆どきどき)

新品価格 ¥ 2,376

中古価格 ¥ 290

発売元:ヒカルランド  発売日:2012-11-12
  

まあまあ 評価
311人工地震についての本はこれまでにも多々でており、聖書の解説については泉パウロ氏の本でも取り上げられている事から目新しさがないと感じました。
この人工地震については単に陰謀だ陰謀だというだけでなく、その背後にあるこれを起こしている人たちの意図についても説明しなければ説得力がないと思います。
いま日本で起こっていることのかなりの部分がつながっていて、太平洋戦争やJAL123やグリコ森永事件、中国や韓国との関係、アラブの春と言われる動きや現在攻撃されているシリア、今回の政権交代やエネルギー問題、宇宙人問題まで一貫して工作を行っている人たちが居ます。

暗号
聖書の暗号は知っていた 【闇の絶対支配者】ロスチャイルド・イルミナティ・フリーメーソン (超知ライブラリー)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 1

発売元:徳間書店  発売日:2010-02-27
  

911を陰謀論などと、、、、 評価
片づける低い認識の方は☆1個でしょうが、 陰謀論などではなく真実であり、 充分に見識の高い本に仕上がっていると思う。

一般人にとっては目からうろこの驚きだ! 評価
とにかく驚いたというのが実感だ。
世の中の仕組みが、このようになっていたなんて、にわかには信じられないというのが本音である。
陰謀論なんて遠い世界のことと思っていたが、数々の信憑性の高い説で分かりやすく説明されており納得がいく。
日本人として、これらのことは知っておいて損のないことばかりだ、いや最低限知っておかなければならないことだろう。
この本は、いわゆるマニア向けではなく、ごくその辺にいる、当たり前の一般人に読まれることを意図しているように思われる。

興味深い内容だけど 評価
旧約聖書には未来を予言したキーワードがちりばめられているということを、過去の事例と照らし合わせることによって示そうとする本です。
これからの将来がどうなるのかということにはあまり触れていません。
とても興味のある内容なのですが、ある事象に関係のありそうな単語を無理矢理探して見つけたような印象です。
そりゃ何か関係するものがあるでしょう。
(他の本では見つからないが旧約聖書からは見つかるというのが、聖書の暗号を研究する方の見解ですが。
) 解読された結果はこれまでいろんなところでいろんな方がおっしゃっていることと似た話。

暗号
パソコンで実習しながら学べる暗号のしくみと実装―プログラミングと演習

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 1,600 残り4個

発売元:日本理工出版会  発売日:2009-06-01
  

暗号
Javaで作って学ぶ暗号技術 - RSA,AES,SHAの基礎からSSLまで

新品価格 ¥ 3,456

中古価格 ¥ 2,519

発売元:森北出版  発売日:2008-05-13
  

作って納得したい人、あるいは、作らないと納得できない人は是非 評価
ITを生業にする上で、暗号技術は欠かせない技術です。
そのため、多数の書籍が出版されていますが、ほとんどの書籍が概要や仕組みの説明のみです。
この書籍は、暗号技術の仕組みもわかりやすく説明してくれますが、それら技術をJavaのソースコードで示してくれます。
実際にコードを読むと、動作のイメージが沸きやすくて良いです。

暗号
クラッキングバイブル

新品価格 ¥ 11,846

中古価格 ¥ 838

発売元:データハウス  発売日:2005-09
  

大満足の一冊 評価
国内外問わず出版されているソフトウェアクラックの技術本の中で5本の指に入ります。
翻訳本ではなく、国内からこうした本が出てくるのは、技術者として純粋に嬉しいです。
内容は申し分ありませんが、ちょっと分厚く持ち運びしにくいのでマイナス1(電車の中で読書するのが好きなので)。
高いから購入を迷っている人もいるかもしれませんが、いつかは必ず読むべき本と考えると買っておいて損はありません。
もちろん、ソフトウェアクラックに興味が無い人であっても、プログラムが好きな人なら満足すると思います。

ボリュームのわりには・・・ 評価
 厚さに圧倒されるのだが、内容については期待したものではなかった。
MacOSやPalmOSのパートがかなり多いので、Windowsのみ扱うものにとっては少し拍子抜けの感じがする。
 「美少女美咲」が大変よくできた解析解説本だったが、金額的に3倍のこの本がその3倍の内容とは言いがたい。
あまりにも初歩的な部分とあまりにもマニアックな部分が混在しているのも戸惑ってしまう。
 バイブルと銘打ってはいるが、身近にいつも置いておく参考書とはなりえないと思う。

暗号
C/C++セキュアプログラミングクックブック VOLUME 3 ―公開鍵暗号の実装とネットワークセキュリティ



中古価格 ¥ 15,151 残り4個

発売元:オライリージャパン  発売日:2005-05-24
  

実装面での疑問を解消する 評価
公開鍵暗号に重点を置いている。
C言語を理解している人ならば、 本の中のコードをすぐに利用 できると思う。
実装面でここまで詳しく解説が なされているものはあまりない と思う。

公開鍵暗号方式についての実装がレシピという形で手に入る 評価
本書は公開鍵暗号方式の「実装」について、さまざまな局面における解決案を「レシピ」という形で提供している。
さらにはWindows系OSのCryptoAPIを使った場合、OpenSSLのライブラリを使った場合をそれぞれ併記してくれているところが大変ありがたい(もちろん、どちらかしかないものもあるので、注意は必要)。
セキュリティに関する基礎知識は各種の書籍でさらりと紹介されていることが多いので、概念として知っているレベルの人は多いと思う。
ただ、そこから実際のプログラムに暗号方式を実装する場合、参考となる文献、Webサイトが意外と少なく、手探りで進むしかない開発者にとって、本書が非常に役に立つと思われる。

暗号
C/C++セキュアプログラミングクックブック〈VOLUME2〉対称鍵暗号の実装



中古価格 ¥ 3,500 残り4個

発売元:オライリージャパン  発売日:2004-12
  

実装面での疑問を解消する 評価
共通鍵暗号に重点を置き、さまざまなプログラムコードを 示して、解説している。
プログラムはほとんどがC言語と Win32 APIを用いている。
C++や.NETのFCLなどの高級APIを 利用して実装をしようとしている人も十分に参考になると 思う。

対称鍵暗号方式の実装がレシピという形で手に入る 評価
本書は対称鍵暗号方式の「実装」について、さまざまな局面における解決案を「レシピ」という形で提供している。
さらにはWindows系OSのCryptoAPIを使った場合、OpenSSLのライブラリを使った場合をそれぞれ併記してくれているところが大変ありがたい(もちろん、どちらかしかないものもあるので、注意は必要)。
セキュリティに関する基礎知識は各種の書籍でさらりと紹介されていることが多いので、概念として知っているレベルの人は多いと思う。
ただ、そこから実際のプログラムに暗号方式を実装する場合、参考となる文献、Webサイトが意外と少なく、手探りで進むしかない開発者にとって、本書が非常に役に立つと思われる。

暗号
OpenSSL―暗号・PKI・SSL/TLSライブラリの詳細―

新品価格 ¥ 4,536

中古価格 ¥ 2,358 残り9個

発売元:オーム社  発売日:2004-08-01
  

SSLの実装入門書 評価
SSLを実装したアプリケーションを開発する人がおそらく必ず手にする本だと思われます。
基本的なSSLの知識、証明書やセキュア通信技術を知っている人向けの内容になっているため、 SSL初心者には少々難しい内容です。
マスタリングTCP/IPのSSL編を読んでおくと少し楽になります。
この本の実装自体は完全ではなく、あくまで実装入門的な内容になっています。
この本で基本的なSSL実装とOpenSSLの概要をものにし、実装をより完全にしたい場合は別の本をあたる方がいいでしょう。

OpenSSLを利用した開発に必携の一冊 評価
OpenSSLを利用した開発に関わる人のデスクに 必ずといっていいほどある気がする、そんな本です。
OpenSSLのライブラリについては、ネットを探しても日本語の 体系化されたドキュメントはほぼ皆無であり、和書でも これとあと何冊かしかないと思います。
日本語も自然で読みやすいと思います。
ただ、他の人も書かれているように、各EVPのAPIの説明は詳しいですが、 それをどう使えば実装できるか?についてまでは紙面を割いていない ようですので、他もあわせてあたったほうがよいと思います。
すでにある実装を読み解く、などの用途にはすぐに

暗号
日本の中のユダヤ文化―聖書に隠された神道のルーツと極東イスラエルの真相 (ムー・スーパーミステリーブックス)



中古価格 ¥ 1,850 残り5個

発売元:学習研究社  発売日:2003-07
  

日本人必読のアイデンティティの書 評価
日本の中のユダヤ文化」は、戦後はじめて、日本人のアイデンティティとは何かを歴史的・文化的・聖書的に検証した、日本人の必読書である。
いわゆる「日ユ同祖論」は、1690年にオランダ商館付の医師として来日したドイツ人医師ケンペルの「日本誌」や、明治初期に来日したスコットランド人貿易商のマックレオドの「日本古代史の縮図」(1875年)を皮切りとして始まったが、聖書研究者の久保有政氏の「日本の中のユダヤ文化」において、「日ユ同祖論」がついに聖書学的に解明され、精神的に集大成されたと評価する。

鉄人823号 評価
実に客観的に史実を分析されてるので満足できる内容です。
資料に関してもかなりのものです。
他の出版物の内容も含めてよくまとめてあるなあという印象です。

暗号
Javaで学ぶ暗号プログラミング



中古価格 ¥ 750 残り4個

発売元:秀和システム  発売日:2003-01-30
  

暗号
聖書の暗号〈2〉

新品価格 ¥ 1,500

中古価格 ¥ 1

発売元:アーティストハウスパブリッシャーズ  発売日:2003-01
  

暗号
聖書の暗号 (新潮文庫)



中古価格 ¥ 1

発売元:新潮社  発売日:2002-01
  

発売元のレビュー
聖書の暗号 (新潮文庫) [Jan 01, 2002] マイケル ドロズニン、 Drosnin,Michael; 武一, 木原

特徴説明
聖書の暗号 (新潮文庫) [Jan 01, 2002] マイケル ドロズニン、 Drosnin,Michael; 武一, 木原

暗号
Visual Basicセキュリティプログラミング―暗号の基礎からAPIの活用法まで

新品価格 ¥ 25,024

中古価格 ¥ 2,328 残り6個

発売元:ピアソンエデュケーション  発売日:2001-03
  

VCの人が読んでも役に立つと思う 評価
VBに限らず、これ系の本はすくないので、VCの人が読んでも役立つと思いました。
タイトルを見ると暗号化一辺倒に思えますが、そうでもなくて、 ファイルやフォルダなどのオブジェクトのアクセス権の管理の仕組みなどに ついても章が割かれているので、価値が高いです。
この本は古い本ですが、昔は、みんながAdministrator権限でWindowsを使ってましたが 最近は、そういう危険な使い方が減ってきて、世の中神経質になっているので むしろ今の方が有用性がある本だと思います。

技術書として良いものです。 評価
今回は、開発で私用する暗号化の方法を模索するためにこの本を購入しましたが、2001年に出版されたとは思えないくらいに、今の世に出しても恥ずかしくない、しっかりとしたセキュリティレベルを保てる技法が、根本となる暗号化の基本部分の説明から載っている。
顧客からのセキュリティに対する要望が高まる今、このような本にたくさん目を通している技術者が重宝されるようになるのではないかと感じました。
非常に良い本でした。

暗号
聖書の暗号は本当か―バイブル・コード検索ソフトによる徹底検証 (Naturaーeye mysteria)

新品価格 ¥ 1,512

中古価格 ¥ 1

発売元:徳間書店  発売日:1998-07
  

バイブルにふさわしいバイブルコード謎解き 評価
信者でないドロズニンの『聖書の暗号』には驚かされた。
だが、これはそれを遥かに凌ぐ内容で、牧師たる自負もあってか、迫力と説得力のある検証である。
その後の世界をぜひ知りたい。

聖書を解する著者による解読 評価
有名なマイケル・ドロズニンの「聖書の暗号」を読んでも、疑問が残ったので、本書を読んだ。
著者は牧師さんらしく、本書の内容も聖書、キリスト教に関連したものが結構ある。
聖書の知識と共に、聖書の暗号が解説されていて、聖書全体が分かった気がした。
著者は、「聖書では占いを禁じており、聖書で占いをすることは望ましくない。
重要なのは聖書の本文である。
」と述べている。
「聖書の暗号」についての疑問はまたもや残ったが、考えさせられた本である。
また、今となっては少し古いが、日本についての暗号解読が多いのも魅力である。

暗号
聖書の暗号―コンピュータ・プログラムが解読する3000年前に封印された予言

新品価格 ¥ 2,050

中古価格 ¥ 1

発売元:新潮社  発売日:1997-08
  

商品説明のレビュー
   一世を風靡(ふうび)した『聖書の暗号』の文庫版。
聖書を「予言書」としてとらえ、イスラエルのラビン首相の暗殺を予言したとする著者の問題作だ。
要は旧約聖書の文字の中から、ある単語が出現する文字の間隔をはじき出し、その文字の間隔で聖書の文字を並べ替えると、関連する単語が周囲から見つかり予言をなすというものである。
   このように、聖書の中に予言などのいわば「秘儀」が隠されているという発想は古くからあり、カバリストと呼ばれた神秘学者らが多くのアプローチを試みてきた。
そしてドロズニンらが行ったアプローチはまさにコンピュータが存在すればこそなし得た技である。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:ソフトウェア開発関連技術のニュース Version:PART_PAGE_VERSION