アディダスが完全リサイクルが可能なランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」を開発した。単一素材を用いて接着剤なしで生産することで、寿命になれば裁断してから溶かして新しいシューズの原料にできる。目指すのは廃棄
185Pt マルウェア研究家マーカス・ハチンズが有罪を認めた 2019-04-21 00:00:01+00:00 techcrunc 
 マルウェア研究家のマーカス・ハチンズ(Marcus Hutchins)が、銀行を狙う強力なマルウェアを作り、そして売ったとされる嫌疑で2つの訴因に有罪を認め、アメリカの検察との長期戦を終わらせた。 Read More
VUILDは、DIYやCADなどのスキルなしに家具が作れるオンデマンド製作プラットフォーム「EMARF」を正式発表した。これまで高価だったオーダーメード家具を、木材生産者と工房、ユーザーをむすび、CNCマシンといったデジタル
162Pt アップルは世界規模で製品のリサイクルプログラムを拡大 2019-04-20 05:44:45+00:00 techcrunc 
 Apple(アップル)は米国時間4月18日、リサイクルプログラムと、電子廃棄物への取り組みに対する投資を増強すると発表した。消費者向けのリサイクルプログラムを拡充し、新たに9000平方フィート(約836平方メートル)
157Pt Alphabet傘下のSidewalk Labsが公共モニターの可視化を推進 2019-04-20 00:45:02+00:00 techcrunc 
 都市部のテクノロジー開発を手がけるAlphabet傘下のSidewalk Labsはいま、スマートシティのためのサイネージを新たに作り直そうとしている。 Read More
日本航空(JAL)は4月19日、インディ・アソシエイツの遠隔操作ロボットをベースに、空港での活用を想定したアバターロボット(愛称「JET(ジェット)」)を開発したと発表した。
データマイニングと最適化技術のブレインパッドは、ワインの輸入販売のエノテカが運営するワイン専門通販サイト「エノテカ・オンライン」に、ブレインパッドのマッチングエンジン「Conomi(コノミ)」を導入し、ソムリエ
LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」と法人向けサービス「LINE Biz-Solutions」において「LINE公式アカウント」の新プラットフォームを4月18日より提供開始した、と同日発表した。またLINE公式アカウントとビジネス
丹青社は、ブロックチェーンを活用した日本のアート・工芸作品プラットフォーム「B-OWND(ビーオウンド)」を、5月10日より開始すると発表した。メディアやコミュニケーション、EC機能を持ち、日本のアーティストと国内
 テクマトリックスは、独Gurock Softwareが開発したテスト管理ツール「TestRail」の国内総販売代理権を取得し、4月19日に発売した。オンプレミス版の、税別の年間ライセンス価格は、5ユーザーが198000円、10ユーザーが360000円、5
TISとラックが協業し、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において新たに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を提供することを発表した。
 ゾーホージャパンは、特権ID管理を簡単かつ低コストで実現できるソフトウェア「ManageEngine Password Manager Pro」の最新版「ビルド10001」の日本語版を、4月19日に公開した。
クラウド型アプリ開発基盤「Yappli」を提供するヤプリは4月18日、同サービスに拡張現実(AR)機能を追加したことを発表。併せて、ニューバランス ジャパンの公式アプリに同機能が実装されたことを明らかにした。
コナミデジタルエンタテインメントは4月19日、ゲームソフト「悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション」について、5月16日に発売すると発表した。「悪魔城ドラキュラ」シリーズの礎を築いた、シリーズ初期の代表
 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は18日、AI・自然言語処理技術の一つである分散表現の学習時間を短縮化する技術「yskip」をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。
 この連載では、開発現場で実践できるカイゼンのやり方と考え方について、お伝えしていきます。下敷きになっているのは、「カイゼン・ジャーニー」という書籍です。「カイゼン・ジャーニー」も、現場のカイゼンがテ
 株式会社アシストは18日、韓国ジーティーワンが開発しているシステム可視化・影響分析ソリューション「ChangeMiner」を販売開始すると発表した。
日本マイクロソフトは、ファーストラインワーカーの働き方改革を支援する取り組みを発表した。「Xインテリジェンス・センター」を開設する。
1Pt ヤフーがAI技術をOSSで公開、単語間の関係性を短時間で学習 2019-04-19 10:30:00 アットマーク・アイティ 
ヤフーは、分散表現の学習時間を短縮するAI技術「yskip」を、オープンソースソフトウェアとして公開した。分散表現はテキストに含まれる単語間の関係性を学習させ、単語同士の意味の相違を推定する際に利用する技術。
 3月7日の「MarkeZine Day 2019 Spring」に登壇した、マーケティングオートメーション(MA)ツールを提供するSATORIの植山氏と運用型広告の戦略立案、体制構築、運用支援をするオーリーズの鈴木氏は、MAツールを活用して広告費
 エクイニクス・ジャパン株式会社は18日、「Equinix Cloud Exchange Fabric(以下、ECX Fabric)」の接続性を拡張し、デジタルビジネス構築のためのグローバルプラットフォーム機能を強化したと発表した。
担当者の休暇・異動・退職などによって、SNSアカウント運用がストップしたり最悪の場合は運用が自然消滅してしまったり。そんな事態にならないよう、今日はチームによる運用体制構築について説明します。
UUUM(ウーム)は、電通と共同で実施した「生活者のインフルエンサー受容性調査」の結果を発表した。商品購入時の情報接触パターンをもとに、生活者を「一般層」「SNS影響層」「インフルエンサー影響層」の3つに分類し
ジュピターテレコム(J:COM)は、テレビ視聴とスマホ利用に関する世代比較調査の結果を発表した。いわゆる「平成世代(1989年~1999年生まれ)」「バブル世代(1965年~1969年生まれ)」「団塊世代(1947年~1949年生まれ)」
2018年3月12日、日本マイクロソフトLINE公式アカウントがリリースされた。その開発は、本稿を届けるLedge.aiの運営元である株式会社レッジに任された。。プロジェクト進行のなかで、我々は公式アカウントのオーナーを含む
MAツール導入前の5つのチェックポイントはわかった。でも、実際のMAツールはどう違うんだろう? 自社に向いているのMAツールがどれなのかは、どう判断すればいいのだろうか?。この記事では、エンタープライズ向けMAツ
 日本マイクロソフト株式会社は18日、建設現場や病院、店舗といった現場の最前線で働く従業員(ファーストラインワーカー)の働き方改革を推進するため、本格的な取り組みを開始すると発表した。
1Pt NTT Com、Office 365のバックアップと移行を支援する新サービス 2019-04-19 06:00:00 cloud.watch.impress 
 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は18日、統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の追加メニューとして、Office 365のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」を、本日より提供開始する
この記事を読むのにかかる時間: 1分弱続きを読む (419 文字)。
マイクロソフトがWindows 8/10でウェブサイトのライブタイルを提供するために使っていたサブドメインが放棄された状態になっていたことが分かった。今後のマイクロソフトの対応次第では、このドメインが悪用される可能性
 ヤフーは、AI・自然言語処理技術の1つである分散表現の学習時間を短縮する技術「yskip」を、4月18日にオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。
 アシストは、システム可視化・影響分析ソリューション「ChangeMiner」(開発元:韓国ジーティーワン)の販売を開始すると発表した。
1Pt 富士通、ポスト「京」の製造を開始 2019-04-18 15:31:00 ZDNET 
富士通は、スーパーコンピューター「京」の後継機の設計を完了し、ハードウェアを製造・出荷し、設置を進めることについて理化学研究所と正式契約を締結した。
横浜市は開発型RPAツール「ROBOWARE」を使用し、より複雑な業務プロセスの自動化の可能性についての報告書を公表した。
ソーシャルメディアマーケティングのクロスフィニティは、インフルエンサーマーケティングにおける新コンサルティングサービス「EIM(=Exciting Influencer Marketing・エイム)」の提供を開始した、と4月17日発表した。クロスフ
NTTコミュニケーションズは、マイクロソフトのOffice 365のデータをクラウド環境にバックアップする新サービスを発表した。
 アクロニス・ジャパンは、サービスプロバイダー契約を結んでいるインターネットイニシアティブ(IIJ)が、アクロニスのクラウドバックアップサービスプラットフォーム「Acronis Backup Cloud」を活用した「IIJシンプルバッ
マイクロソフトは自社の顔認証技術について、カリフォルニア州の警察当局から引き合いがあったが、これを拒否したことを明らかにした。