京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社は23日、紙文書の電子化とその後のワークフローを自動化するソフトウェア「KYOCERA Capture Manager」を、同日より販売開始すると発表した。
Canonicalは1月22日,「Ubuntu 18.04 LTS(開発コード: Bionic Beaver)」をベースにしたIoTおよび組込みデバイス向けのOS「Ubuntu Core 18」の一般提供開始を発表した。
 日本電気株式会社(以下、NEC)、国立大学法人東京大学大学院情報学環 中尾研究室、日本電信電話株式会社(以下、NTT)、学校法人早稲田大学の4者は23日、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT機器と共通基盤間における重要
[PR]AI/機械学習の技術が急速に発展し、社内外の膨大なデータを効率的に分析してビジネスの迅速な意思決定に役立てるデータ活用に多くの企業が取り組んでいる。しかし、データがそろうまでに時間がかかる、思うように
 株式会社L is Bは23日、現場に設置されたモニターに情報を表示し、その周知を行うサービス「directサイネージ」を発表した。アイラ株式会社のサービス基盤「botHUB」をベースに開発されており、3月末ごろの提供開始を予定
コンテンツマーケティングのTRENDEMON JAPANは、英Armが提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」とのデータ連携により、オフライン上の購買ユーザーのデジタル上のコンテンツインサイトを可視化する
テクノロジーを活用した業務の効率化などの研究開発を行うトランスコスモス技術研究所は、米HubSpot 社の認定パートナーとして、POSデータなどを含む1stパーティーデータの統合・解析やWebサイトへの集客・CRM活動までを提
 矢野経済研究所は、ERP(Enterprise Resource Planning)およびCRM(Customer Relationship Management)・SFA(Sales Force Automation)といった業務ソフトウェアの利用状況について、国内の民間企業を対象とした郵送アンケート調査を実施した
93Pt NTT Com、SkyWayの機能拡張キット「Media Pipeline Factory」を提供 2019-01-23 12:48:20 cloud.watch.impress 
 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は23日、「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay」(以下、SkyWay)の音声・映像データを音声認識AIや機械翻訳AI、ライブ配信などのさまざまなクラウドサービスとリアルタイムで
 コンポーネント製品をはじめとした開発ツールを提供するベンダーとして、国内外のソフトウェア開発者を支援しているグレープシティ。同社では、2015年以来、アプリケーション開発技術や同社製品にかかわる最新動向
日本マイクロソフトが都内で開催した「IoT in Action」では、パートナーによるIoTソリューションが多数展示されていた。ここでは注目される技術や製品、サービスのレポートする。
マイクロソフトは中小企業に対する「Microsoft Azure」サービスの販売方法を3月から変更する計画だ。同社はAzureサービスや、「Azure Marketplace」上の特定サードパーティー製品を、「Microsoft Customer Agreement」(マイクロソフトクラ
 ベイエリアのスタートアップであるCitizens… Read More
 The Linux Foundationはサプライチェーンのプロジェクトを作るためのフレームワークを発表した。 Read More
前回に引き続き,file_proof.pyに沿ってBBc-1プログラミングの概要を説明します。今回はトランザクションの検証方法について説明します。
30Pt aiboが「操作できるロボット」に、ソフトウェアAPI公開へ 2019-01-23 08:58:27+00:00 techcrunc 
 ソニーは、ペットロボット「aibo」の開発環境を2019年夏を目処に公開すると発表しました。 Read More
マイクロソフトは、ロンドンで現地時間1月23日に開幕する教育関連の年次展示会「Bett」で、3社のOEMが教育市場向けに開発した7機種の新しい「Windows 10」搭載PCを出展する。
4Pt 「ツイートを非公開にする」設定にバグ、Androidユーザーに影響 2019-01-23 08:00:00 アットマーク・アイティ 
Twitterは、「ツイートを非公開にする」設定に4年以上にわたって影響していたバグを修正したことを明らかにした。Twitter for Androidのユーザーは設定を再度見直す必要がありそうだ。
 グリーは1月23日、これまでSNSやゲーム事業で培ったプラットフォームの運営やマーケティングのノウハウを活用して新たなファンコミュニティ・プラットフォーム「Fanbeats」を開設した Read More
ソフトウェアやサービスの使用量や使用時間に応じた料金を計算するサブスクリプションプラットフォームを展開するビープラッツの藤田健治社長兼CEOは創業10年超を迎えた今、IT業界から自動車や家電、機械などへと活用
マーケティングにデータ活用が当たり前となったが、最初から「高度で、精緻な、細分化された」データ分析を求めた結果、行き詰まる担当者は多いのではないだろうか。しかし、データ分析で大事なのは「簡単でもいいか
 セキュリティモデルの「ゼロトラスト」はネットワークセキュリティにおいて、前提を「信頼する」から「信頼しない」へと転換するものであり、技術的な戦術というよりは戦略的な概念だ。現在は米パロアルトネットワ
 東京エレクトロンデバイスや日本マイクロソフトなどが中心となって活動している「IoTビジネス共創ラボ」は22日、2016年2月の発足から約3年を経過したことにあわせ、これまでの取り組み状況などについて説明した。
TRANSIBLEは、一部ウェブサイトのサーバを「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上に構築した。「Oracle Service Cloud」と組み合わせ、カスタマーサービス機能の拡充を図る。
日本マイクロソフトとDMG森精機は、2016年に開始した制御システム分野の技術協力を踏まえて、IoT分野における新たな協業を発表した。
富士通は1月15日、計算機アーキテクチャ「デジタルアニーラ」で問題を解くコンテストを、高度なスキルを持つ世界最大級の技術者コミュニティー「Topcoder」に登録しているメンバーを対象に開催すると発表した。
エフエム東京(TOKYO FM)とパイオニアは1月22日、車の運転手のドライブ行動特性に合った音声広告を配信するサービス「ドライブ行動特化型デジタル音声広告」を開発したと発表した。
英会話教室を運営するイーオンは1月22日、レッスン出席ごとにau WALLETプリペイドカードへの最大100円(不課税)のキャッシュバック(チャージ)をすることで、生徒の定期的な通学を後押しするプログラム「イーオンバリュ
 ZenmuTechは、データの無意味化により「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティインフラストラクチャ「ZENMU」のWindows PC版ソフトウェア「ZENMU for PC」の最新バージョン5.0を1月22日から販売開始すると発表した。
 国立大学法人新潟大学とNECソリューションイノベータ株式会社は22日、AIを活用し、消化器外科手術患者の手術後感染を予測するモデルの検証を実施したと発表した。
この記事を読むのにかかる時間: 約 3 分続きを読む (2,460 文字)。
マイクロソフトが「Dynamics 365」および「Microsoft Power Platform」の「April 2019」アップデートに関するリリースノートを公開した。
日立製作所は、総合システム管理ソフトウェアの最新版「JP1 Version 12」を1月23日に発売する。IT環境全体の運用データを一元管理し、目的や立場に合わせて必要な情報と関連付けて可視化できるようになったほか、RPAが実行
MMD研究所の調査によると、昨年末に行われたQRコード決済キャンペーンのうち、最も認知度が高かったのはPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」だった。
清華大学とキング・アブドラ科学技術大学(KAUST)の研究チームは、室内のようすを撮影した2Dパノラマ画像から3D間取り図を作成する処理について、自動処理と手動処理を組み合わせて実行する新たな手法「PanoAnnotator」を
ロシアの通信規制当局は現地時間1月21日、同国のデータ関連法遵守に関する説明を怠ったとして、FacebookとTwitterに対する提訴に踏み切ると述べた。
韓国の蔚山科学技術大学校の研究チームが、携帯電話ネットワークの混雑を軽減する超低遅延輻輳制御プロトコル「ExLL」を開発した。Googleの「BBR」よりも高性能だという。