OPアンプ オペアンプ 差動増幅器 技術の理解と習得に役立つおすすめの技術書を紹介します。書籍を読んで効率的に技術を習得しましょう。技術書を点数で評価し、レビューもあります。参考書、解説書、関連書籍を紹介します。  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器の本、入門書、技術書、専門書の紹介,評価,安売り価格


OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
キットで遊ぼう電子回路 オペアンプ入門編

新品価格 ¥ 3,672



発売元:アドウィン  発売日:2017-04-01
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
オペアンプからはじめる電子回路入門(第2版)

新品価格 ¥ 2,808

中古価格 ¥ 4,071 残り6個

発売元:森北出版  発売日:2016-02-20
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプMUSESで作る高音質ヘッドホン・アンプ―音楽を聴くのが楽しくなる (電子工作キットシリーズ)

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 1,494 残り7個

発売元:CQ出版  発売日:2013-02-01
  

早く届いた、内容はとても参考になる。 評価
ヘッドホンアンプよりパワーアンプの製作が、親切丁寧に、書いてある。
作って見たいと思いました。

内容紹介 
高音質OPアンプMUSES02を使い,とことん良い音を追及したヘッドホン・アンプの設計と製作を解説しました.音質にこだわったオリジナル回路を設計し,筆者おすすめのオーディオ用部品を使ってヘッドホン・アンプを作ります. また,オプションとして,本書で作るヘッドホン・アンプにつないで使う高音質パワー・アンプも作ってみます.

内容(「BOOK」データベースより) 
MUSESとは、ICの内部回路やレイアウトにまでこだわったオーディオ専用のOPアンプ。
アナログICの老舗新日本無線が音にこだわり、半導体レベルで入念な検討を加え、最高級の音質を目指して開発した。
MUSESにトランジスタ回路を加えた高音質なヘッドホン・アンプの製作過程の一部始終を紹介。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
オペアンプ回路の「しくみ」と「基本」 (電子回路シミュレータTina9(日本語・Book版VI)で見てわかる)

新品価格 ¥ 2,786

中古価格 ¥ 1,999 残り9個

発売元:技術評論社  発売日:2012-11-03
  

内容紹介 
センサ回路など現在でも多くの回路で使用されているオペアンプは、電子工学、電子工作を学習する上で必須の知識です。
本書は、実験や試作回路、電子工作などに役立つオペアンプ回路を紹介し、「しくみ、基本、動作」を回路シミュレータで実験しながらを理解きるようにした書籍です。
また、実際に使用する部品の決定とポイントまで解説した、現場で役立つ内容になります。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプ活用 成功のかぎ―ICを正しく理解して正しく使う (アナログ・デザイン・シリーズ)

新品価格 ¥ 3,240

中古価格 ¥ 2,741 残り6個

発売元:CQ出版  発売日:2009-05-01
  

とても良い本 評価
わかりやすく、良い本です。
実務に即して書かれています。
工学書には間違いがつきものですが、この本には重大な間違いが特にないように感じます。
初学者には大変助かります。

大変良い本です 評価
OPアンプの本としては、いままでの書籍には無い角度から書いてあります。
アナログ回路中級者、実際に設計に従事している人にはお勧めです。
ノイズゲインで考える手法を身につけられると思います。

わかりやすく良い本ですが。 評価
内容は非常にわかりやすく丁寧に解説されていて理解しやすい内容です。
しかし非常に残念なのは、ミスプリントが非常に多く、正誤表が出版社のホームページに出ていますが修正しきれません。
一日も早い改訂版をお願いします。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
入門オペアンプ―内部回路から理解する電子回路設計

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,500 残り6個

発売元:オーム社  発売日:2009-05-01
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
オペアンプ回路入門講座―基礎知識の習得から電子回路設計の実務まで

新品価格 ¥ 14,729

中古価格 ¥ 1,149

発売元:電波新聞社  発売日:2008-03-01
  

初心者向けです。 評価
オペアンプだけを解説した専門的なテキストですが、内容は易しいです。
数式も少なく見やすい図を用いて説明しています。
オペアンプの中の回路を分解して、それぞれを詳しく解説しているので、オペアンプの中がどうなっているのか知りたい方にお勧めです。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
オペアンプの基礎マスター (基礎マスターシリーズ)

新品価格 ¥ 2,592

中古価格 ¥ 2,142 残り6個

発売元:電気書院  発売日:2006-08-01
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
すぐに使える!オペアンプ回路図100

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 950 残り6個

発売元:丸善  発売日:2006-07-26
  

とにかくこの本から・・・ 評価
オペアン自体の動作はブラックボックスとしてみれば至って簡単です。
しかしどう使うか、この視点にたったとき動作を理解しているだけでは、どうにもなりません。
オペアンプの多くの本で、余計こんがらがるような例をもちだして動作を説明していたりしますが、それよりもとにかくどのように使うか、使われているかそれに徹して100の例を出している点が交換が持てます。
とにかくなにごとも「習うよりなれる」抽象的に追求するより、具体的な例を多く見る、やはりこれが一番の近道ですね。
オペアンプ初めての人には、この本を始点にすることをおすすめします。

素晴らしい辞書です 評価
少々値段が張りますが、沢山の回路図と親切な解説があるため辞書のように使うことができます。
オペアンプを使った実験において、非常に重宝します。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
トランジスタ技術SPECIAL OPアンプによる実用回路設計

新品価格 ¥ 3,024

中古価格 ¥ 2,743 残り7個

発売元:CQ出版  発売日:2005-06-01
  

より実用的 評価
私も仕事でアナログ回路を組むことが多いですが確認したいことがあり購入しました。
全部に目を通していませんが、教科書や入門書のように回路例をただ羅列するだけではなく、 その勘所も実例を交えて解説されているので非常に参考になります。
ただ、実用面に重きを置いているので回路に慣れていない方は、網羅的に解説されている本と併用するとよいと思います。
事ある毎に手元に置いて紐解きたい一冊です。

一歩知的にOPアンプ回路を設計できる一冊 評価
本書は、単に回路図を示して「こういう用途に使う回路である」と言って終わる本ではない。
その回路が持つ様々な特性を明らかにし、その回路の問題点を示し、最終的にその問題点を解決する方法まで示している。
したがって、まさに実用的な電子回路の書と言えると思われる。
ただ、実用的な書というだけあって、本書を読むには、それなりの知識や経験は必要である。
回路網を計算する能力はもちろん、基本となるOPアンプ回路の知識、そして実際に電子回路を扱った経験などは必須だと思われる。
内容は以下の通りである。
1~7章:OPアンプの基本事項(OPアンプ用語、OPアンプの基本動作、ダイナミックレンジ、オフセットなど)8,9章:基本回路(反転、非反転、微分、積分回路などを詳しく扱う)10章:発振の原因と対策11章:雑音の低減12章:差動増幅回路13章:定電流回路と基準電圧回路14章:電圧-電流変換回路15章:加減算回路16章:コンパレータ17章:ダイオード応用回路18~20章:アクティブ・フィルタ21~24章:発振回路見ての通り、内容は幅広くOPアンプ回路の大部分を扱っている。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
オペアンプからはじめる電子回路入門



中古価格 ¥ 178 残り9個

発売元:森北出版株式会社  発売日:2005-04-19
  

実用的な教科書 評価
電子回路の教科書は世の中にたくさんありますが、トランジスタの各種接地回路の小信号等価回路からはじまり、増幅回路や発振回路などを懇切丁寧に、という「本格的」なものと、そういうのはそこそこに切り上げ、オペアンプの各種回路やPLLの動作原理などを説明する、という「実用的」なものとがあると思います。
実際、卒業研究などで各種回路を設計して使用する、という立場から言うと、オペアンプを使うことが殆どです。
そして、条件に合わせてオペアンプを選ぶところからはじめるのが普通だと思うのですが、どちらのタイプの「教科書」にも、そういった話題(例えばオフセット電圧、入力バイアス電流、スルーレートなど)が欠けているのが通常です。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプの歴史と回路技術の基礎知識―OPアンプ大全〈第1巻〉 (アナログ・テクノロジシリーズ)

新品価格 ¥ 16,550

中古価格 ¥ 780

発売元:CQ出版  発売日:2003-11
  

さすがアナログデバイセズ 評価
OPアンプの歴史から発達の足跡を、自社のみならず他社の功績も織り交ぜきちんと本にして残すといったところは、さすがアメリカ、さすがアナデバであると感じる。
アナログデバイセズの懐の深さを感じる。
内容は、OPアンプの歴史では、真空管OPアンプ(この本で始めて存在を知りました。
)時代からIC OPアンプまでの歴史が半導体技術の歴史と平行して進化したかが書かれていて興味深い。
OPアンプの基礎では、OPアンプの回路構成、構成、種類別の基礎的知識が書かれており面白い。
このシリーズの面白さは、単に電子技術の解説書ではなく、「技術は文化である」という視点に立って書かれている点にある。

OPアンプ、この歴史を誰がどう伝える? 評価
このような内容をきちんと本にして残すといったところは、さすがにアナログデバイスであり、米国の会社であると感じる。
タイトルのとおり、OPアンプの歴史では、真空管時代からの歴史が書かれていて興味深い。
OPアンプの基礎では、OPアンプの回路構成、各種タイプとその性能、使い方などが紹介されている。
OPアンプにはどんな性能が要求されていて、どのようなアイデアで対応してきたのかがわかる。
OPを使いこなしたい人には役に立つ内容である。
多くの参考文献が各章毎に、きちんと掲載してあるのが特徴で、詳細を知りたい方は、そちらを紐解けばいいようになっている。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
解析OPアンプ&トランジスタ活用―増幅回路設計の真髄を検証する



中古価格 ¥ 2,800

発売元:CQ出版  発売日:2002-09
  

OPアンプ設計テクニックを知る一冊 評価
単にOPアンプといっても、用途によって色々と種類がある。
例えば…・低雑音OPアンプ・高精度OPアンプ・高速/広帯域OPアンプ…etc。
市販のOPアンプを買ってきて使うユーザならば、OPアンプのデータシートに書かれている謳い文句と各種特性を見て、用途にあったOPアンプを選択すれば事は済み、OPアンプ内部に使われている様々なテクニックまでは、必ずしも知る必要はない。
だが、OPアンプそのものを設計しようとなると、そうはいかない。
当然、“高精度OPアンプ”と“高速/広帯域OPアンプ”では、設計思想が異なり、用途に合った、設計テクニックが必要となる。
本書の素晴らしい点は、この“用途に合った設計テクニック”が詳細に解説されている点である。

アナログ回路シミュレータSPICE 評価
OPアンプだけでなく、アナログ回路シミュレータSPICEを理解するのにもよい。
アナログ回路シミュレータのSPICEを使う演習を担当することがあった。
実回路の設計経験が貧困なので、本書の例を参考にさせていただけると幸いです。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプ活用100の実践ノウハウ―最善の性能を引き出す選択と活用のすべて



中古価格 ¥ 1,479 残り8個

発売元:CQ出版  発売日:1998-12
  

実用的でとても参考になりました。 評価
とても実用的でした。
記事の応用でOPアンプを使ったLED照明を作りました。
とても参考になりました。

OPアンプ回路を一工夫できる一冊 評価
OPアンプの本というと、「オペアンプの内部には触れない本」と「オペアンプの内部まで触れる本」がある。
本書は後者の「オペアンプの内部まで触れる本」である。
したがって、それなりのトランジスタ回路の知識がないと、なんかスッキリしない箇所もあると思われる。
しかし、トランジスタ回路の知識が無くても、性能の高い回路を設計するノウハウは得られるので心配する必要は無い。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
計測のためのアナログ回路設計―OPアンプの実践回路から微小信号の扱いまで (C&E TUTORIAL)

新品価格 ¥ 2,160

中古価格 ¥ 718

発売元:CQ出版  発売日:1997-10-01
  

貴重な良書 評価
実務の上で問題になる点への解決法が理論に傾注しすぎずによく示されています。
これほどまでに分かりやすく実用的に書かれている本はなかなかありません。
入門書を一通り読み、次に実際に制作・実験をする際に大変役立つ本です。
大変勉強になりました。

回路図の外側の世界 評価
オペアンプを使った増幅器の、実装例と実験例が詳しく紹介されています。
このため、大学の教科書などで一応理論は習った人が、いざ実際にオペアンプを使用して装置を製作する場合に出会うであろう、数あるオペアンプの中から自分の目的に合ったものをどう選び、どう実装するか、という問題の解決の際、非常に参考になります。
アナログ回路で重要な、回路図の外側の世界を見せてくれる実践的な良書です。

アナログは難しい 評価
既に初心者向けの本では無いです。
それなりの知識がある上で、より洗練されたアナログ回路という感じでした。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで

新品価格 ¥ 2,935

中古価格 ¥ 1,200

発売元:CQ出版  発売日:1990-09-01
  

古典的名著かな? 評価
私は、この本の初回発売当時に購入して、実務をしながら勉強しました。
ですから当時は新刊本で、非常に重宝しました。
現在でも、手元において、結構な頻度で広げています。
但し、勉強向きというよりは、実務向きな本であろうと思います。
本書のいいところは、『理由』が書いてある点と、『実用的』な点です。
そのように構成すると、何が良いのか、どのような効果があるのかが記載されているので、理由付けから他の回路への応用がききます。
例えば、ノイズに強い』と、一言で片付けず、『どのように作用するので、ノイズに強くなる』まで書いてあります。

これから勉強しようと言う方へ 評価
就職が決まり仕事をするにあたってOPアンプの知識が必要になり訳も分からずこの本を買ったんですが、内容をみて少し戸惑いました。
何故かというと、初版の発行が1990年でしたので時代の流れについていけていないというのがはじめに感じました。
今では、OPアンプの性能が向上しほとんど活用されていない位相補償なども詳しく載っているのはいいんですが、その辺のことを知らなかったばっかりに補償やゼロ調節などを必死に勉強してしまいました。
あと、図と説明されているページが違っていたりするので少し分かりづらいというか、見づらい部分がありました。
この本はある程度OPアンプのことを理解した人向きなような気がします。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプ回路の設計



中古価格 ¥ 750 残り3個

発売元:CQ出版  発売日:1981-08
  



OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
電子回路シミュレータPSpiceによるOPアンプ回路設計―動作を確認しながら学ぶ定番回路とそのひと工夫 (ツール活用シリーズ)

新品価格 ¥ 10,060

中古価格 ¥ 3,794

発売元:CQ出版  発売日:2009-07-01
  

豊富な回路例とシミュレーション満載の良書 評価
10年前から電気回路の勉強を始めた者です。
素人の独学という特殊な状況でのレビューなので、その辺はご勘弁下さい。
勉強開始当初、絵ときシリーズ、定本など、いろいろな教科書で勉強を行ってきましたが、どれを使っても、なんとなく書いてあることは分かるのだが、いまいちパッとこない、という感じの理解のままでした。

レベルは、中級クラス以上の方向け 評価
OPアンプ回路について一通りの知識・経験のある方向けの回路集ですね。
目的に応じて、種々の回路から必要な情報を得て自らシミュレーションを行い、適切な回路にアレンジしてゆくためのガイドとも言える。
CQ出版社の書籍の中で一つの脈を形成している本だと思う。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
CMOS OPアンプ回路実務設計の基礎―これからアナログIC設計を学ぶ人のための (半導体シリーズ)

新品価格 ¥ 23,195

中古価格 ¥ 3,986 残り8個

発売元:CQ出版  発売日:2007-05-01
  

いいですね 評価
 大学院と社会人9年弱の間半導体関係に従事しているものです。
従ってアナログ回路は専門ではないですが、仕事には必要で関係している分野です。
 この本を読んで理解したからといって、それだけでアナログ回路を自分で設計できるレベルになるような代物ではないです。
が、必要最低限のことしか載っていない、いい意味で”ずるい”(=要領の良い)本だと感じました。
 他の上級本へのステップアップのための準備に良い本だと思います。
また、一度読み終わったあとは机に置いておいて、たまに忘れた時に気軽にページを開く感じの本ではないかと感じました。

CMOSのアナログ回路設計基礎固めに最適。 評価
 本のボリュームからいって全ての情報を網羅している訳ではありませんが、 必要最低限の情報が詳しく載っています。
最初から厚い本に手を出してしまい、いつまでたっても回路設計が できないでいるような方に是非読んで欲しい本です。
 ボリュームが少ないからといってこの本が記述に手を抜いてあるという 訳ではなく、例えばアンプ設計に必須の小信号等価回路の記述は詳しく書いてあり 今まで曖昧にしてきた小信号等価回路の電流の向きをどうするかを、 この本により解決できました。
 恐らく筆者自身が勉強してきた上で分かりにくかったと思うところを  重点的に書かれたのでは無いかと思います。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプによるフィルタ回路の設計―OPアンプ大全〈第3巻〉 (アナログ・テクノロジシリーズ)

新品価格 ¥ 24,408

中古価格 ¥ 1,483 残り7個

発売元:CQ出版  発売日:2005-04
  

理論は見事なものの、応用に結びつかず、非実用的 評価
 内容は見事であるが、私の用途(OPアンプを使ったフィルタ回路の具体設計)には合わなかった。
 で、「計測のためのフィルタ回路の設計」を注文。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
OPアンプの活用設計ガイド (電子回路ノウハウ)



中古価格 ¥ 355 残り7個

発売元:日本放送出版協会  発売日:1988-07
  



OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Op Amps for Everyone, Fifth Edition

新品価格 ¥ 8,793 (定価の2%引き)



発売元:Newnes  発売日:2017-07-28
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Practical Electronics for Inventors, Fourth Edition

新品価格 ¥ 4,599 (定価の4%引き)

中古価格 ¥ 7,126 残り5個

発売元:McGraw-Hill Education TAB  発売日:2016-03-24
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Timer, Op Amp, and Optoelectronic Circuits and Projects: Forrest Mims Engineer's Mini Book Vol. 1

新品価格 ¥ 2,199

中古価格 ¥ 2,601 残り4個

発売元:Master Publishing Co  発売日:2014-11-01
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Op Amp Applications Handbook (Analog Devices Series)

新品価格 ¥ 9,801 (定価の14%引き)

中古価格 ¥ 7,350 (定価の35%引き)

発売元:Newnes  発売日:2004-12-13
  

オペアンプの基礎と応用がこの1冊に 評価
CQ出版から5分冊になった邦訳が出ていますが、それの原書はこちらです。
邦訳版は章の構成が、ページ数か編集の都合なんでしょうか、前後しています。
オペアンプの歴史から基礎理論、そして応用回路までを網羅しています。
大きくは8つの章から構成されています。
基礎、データ(AD/DA)変換、センサー信号変換、アナログフィルタ、オペアンプの歴史などに分けられています。
本書は第4版であり、非常に完成された内容になっています。
アナログ技術者でしたら、大部ですが必携の1冊でしょう。

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Op Amps: Design, Application, and Troubleshooting, Second Edition

新品価格 ¥ 3,859 (定価の72%引き)

中古価格 ¥ 3,659 (定価の73%引き) 残り8個

発売元:Newnes  発売日:1996-03-12
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Photodiode Amplifiers: OP AMP Solutions

新品価格 ¥ 7,968 (定価の22%引き)

中古価格 ¥ 9,049 (定価の11%引き)

発売元:McGraw-Hill Education  発売日:1995-12-01
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Feedback Circuits and Op. Amps (Tutorial Guides in Electronic Engineering)

新品価格 ¥ 10,593 (定価の11%引き)

中古価格 ¥ 6,016 (定価の49%引き) 残り8個

発売元:Springer  発売日:1990-04-05
  

OPアンプ オペアンプ 差動増幅器
Op-Amps: Their Principles and Applications



中古価格 ¥ 1,776 残り7個

発売元:Butterworth-Heinemann Ltd  発売日:1987-07-31
  



PART_SPRAY_LINK

ホーム:ソフトウェア開発関連技術のニュース Version:PART_PAGE_VERSION