さくらインターネットにバグ管理ツール影舞を入れる

バグ管理ツールをさくらインターネットのレンタルサーバにインストールしようとしました。

  • ツールの選定

以下は候補。
1)trac
さくらインターネットに入れるには2週間を要したらしい。よって却下。
http://lunran.sakura.ne.jp/wordpress/2013/09/25/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%ABtrac%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9D%E3%81%AE1-%E3%82%A4/

2)mantis
さくらインターネットに入れても動かないと報告があったので却下。
http://mishuku.net/archives/on/sakura/

3)Opentask
インストールは簡単でさくらインターネットでも簡単に動いたそうだ。よって候補とする。
4)影舞
インストールは簡単でさくらインターネットでも簡単に動いたそうだ。よって候補とする。

  • まずOpenTaskに挑戦

ここが参考です。 http://jsuzpg.blog53.fc2.com/blog-entry-31.html
さくらサーバ(スタンダード)でインストールすると、なぜかBasic認証を通らないらしく、
コツは.htaccessファイルをいじることのようです。
.htaccessファイルに以下を書き込む。
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
RewriteRule ^(.*) – [E=HTTP_AUTHORIZATION:%1]

そこでOpentaskをインストールしてhtaccessファイルを修正して、そこでブラウザでアクセスしました。
すると、何もレスポンスが帰ってこない。
原因を探るのも面倒なので続いて影舞に挑戦します。

  • 影舞に挑戦

解凍展開した影舞を以下に置きました。
/home/xxxx/www/kagemai/

  • .htaccessファイルの編集

次に添付の
/home/xxxx/www/kagemai/html/dot.htaccessファイル
を編集します。

一行目の
Options +ExecCGI -Indexes
を、さくらインターネットのサーバではOption設定ができないらしいので、コメントにする。
# Options +ExecCGI -Indexes

次に
<Files user.cgi>
AuthName Kagemai-User
AuthType Basic
AuthUserFile /etc/kagemai/user.passwd
Require valid-user
</Files>

<Files admin.cgi>
AuthName Kagemai-Administrator
AuthType Basic
AuthUserFile /etc/kagemai/admin.passwd
Require valid-user
</Files>

のAuthUserFileのフォルダ名記述を変更します。
それぞれをこんな記述にしました。
AuthUserFile /home/xxxx/www/kagemai/etc/admin.passwd
AuthUserFile /home/xxxx/www/kagemai/user.passwd
/home/xxxx/www/kagemai/html/dot.htaccessファイルを
/home/xxxx/www/kagemai/html/.htaccess
という名前で保存します。

  • パスワードファイルを作成

次に
ベーシック認証のパスワードファイルを作成します。
例えばこんなところに
/home/xxxx/www/kagemai/etc
レンタルサーバにコンソールで入ってhtpasswdコマンドでパスワードファイルを作成します。
>htpasswd -c admin /home/xxxx/www/kagemai/admin.passwd
>htpasswd -c guest /home/xxxx/www/kagemai/user.passwd

これで動きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>